パートナーとケンカしたら

勃起しなかった夫。そして・・・。
「それから、どうなったんですか?」
「別に何もなかったように振る舞い、夫のために、熱いチョコレート・ミルクを作ってあげようと思って、キッチンに行ったんです。
その時に樗然(がくぜん) としたんです」
「なんに驚いたんですか?」
「自分自身のやっていることになんです。流し台のところに立ちすくんで考えてしまいましたわ。自分の優柔不断な態度に気がつき、たまらなくなったんです。
いろんなことを試したけど、うまくいかなかったばかりか、無駄だったことに気がついたんです。また、こうしようと思ったことを、いざやり始めようとすると、心が変わっちゃうわけ。そして、まるで反対なことを言ったり、したりしてしまうのね。
心を静めようと思って、お祈りしようとしたんですけど、できませんでした。このままじゃもう駄目になってしまうから、なんとかしなきゃと考えていた時に、夫がキッチンに来たんです。そして、”オレたちはもうロマンチックな気分にはなれなくなったわけか?”って、言うんです。とたんに、私の心の中に怒りの感情が湧き上がってくるのを感じたんです。そして、怒鳴り返しました。”いいえ、違います。ロマンチックでなくなったのはあなたなのよ!私じゃないのよ!”夫は黙ってキッチンから出て行きました」
「それから、どうなりました?」
「しばらく気分がすっきりしたわ。でも後で、すっかり滅入ってしまったんです。というのは、はっきり自分の気持ちを夫に言えたことはよかったんですが、その反面、夫に向かってあんな態度を取ったことに対してずいぶん自責の念にかられてしまったんです。夫に対して大げさに反応し過ぎたし、そのために夫を傷つけてしまったと思うんです。これで、夫は口をきかなくなるに決まってるってね。それからしばらく、まるで気が狂ったみたいになっちゃったんです」「どういうふうに?」
「何も手につかなくて、家中をあっちへ行ったり、来たりして。坐ったと思ったら、赤ん坊みたいに泣き叫びました。”どうなるか分かんない、どうしていいか分かんない、自分だけではもうどうすることもできない!”って。そして、泣き止んで、・・・また、しばらくして、泣き叫んだりして」「そんな時に、アンディはどうしてたんですか?」
「居間に行ってテレビのフットボールのゲームを見てました」信じがたいことだと思いながら、私は言いました。
「まったく馬鹿げてるということはご存知なんでしょうね」「どういう意味ですか?」と、少々、驚いた顔付きをして尋ね返してきました。
「あなたがやっていらっしゃることが何のよい結果も生み出していないということは明白でしょう。
そこで、別のやり方を試してみる気があるかどうかということですよ」「たとえば他にどんなやり方が考えられるんですか。私はもっと正常な状態にもどしたいんです。
教えてください」
夫婦間の仲を改善するにはまず自分から変わらなければならない。人と人が出会えば、ケンカをすることがあるでしょう。その時の解決方法を身につけ、新しい出会いを探してみましょう。

出典:

Comments are closed.