結婚生活悪い例

ジュリーとアンディの場合
妻三十八歳、夫四十二歳。
愛を決して態度では示さないアンディは、文句を言うとき以外はジュリーをいつも無視します。
ジュリーは、いろいろ努力してみても効を奏さないのは自分のせいだと思っています。
夫を変えることができるのでしょうか?

「夫との関係を続けるためならなんでもします」というジュリーは、夫のアンディが自分と同じように考えてくれないのが不満です。
「夫は、”自分は間違ったことはなんにもしていない”というんです。だから、”余計な心配を止めれば、すべてうまくいくんだ”って言うのよ」
ジュリーは三十八歳。顔立ちのよい女性です。その美しい顔も、疲れを漂わせ、せっかくの魅力がさえません。
彼女の夫の四十二歳のアンディは、ジュリーを愛していると口では言っても、決して態度では示さないのです。
アンディもジュリーも離婚することは望まないのですが、かといって、二人の関係を改善する努力をするというわけでもないのです。
アンディはジュリーに対して批判的でない時は、無視するといった態度で接します。
ですから、ジュリーは、いつも被害者の立場に立たされてしまうのです。
いろいろとやってみたあげくに、ジュリーは夫との関係を改善できないことで自責の念にかられています。
こんな結婚生活は誰も望みませんよね。後悔しない為にも、素敵な出会いを見つけてください。

参考:
相互リンク開く

パートナーとケンカしたら

勃起しなかった夫。そして・・・。
「それから、どうなったんですか?」
「別に何もなかったように振る舞い、夫のために、熱いチョコレート・ミルクを作ってあげようと思って、キッチンに行ったんです。
その時に樗然(がくぜん) としたんです」
「なんに驚いたんですか?」
「自分自身のやっていることになんです。流し台のところに立ちすくんで考えてしまいましたわ。自分の優柔不断な態度に気がつき、たまらなくなったんです。
いろんなことを試したけど、うまくいかなかったばかりか、無駄だったことに気がついたんです。また、こうしようと思ったことを、いざやり始めようとすると、心が変わっちゃうわけ。そして、まるで反対なことを言ったり、したりしてしまうのね。
心を静めようと思って、お祈りしようとしたんですけど、できませんでした。このままじゃもう駄目になってしまうから、なんとかしなきゃと考えていた時に、夫がキッチンに来たんです。そして、”オレたちはもうロマンチックな気分にはなれなくなったわけか?”って、言うんです。とたんに、私の心の中に怒りの感情が湧き上がってくるのを感じたんです。そして、怒鳴り返しました。”いいえ、違います。ロマンチックでなくなったのはあなたなのよ!私じゃないのよ!”夫は黙ってキッチンから出て行きました」
「それから、どうなりました?」
「しばらく気分がすっきりしたわ。でも後で、すっかり滅入ってしまったんです。というのは、はっきり自分の気持ちを夫に言えたことはよかったんですが、その反面、夫に向かってあんな態度を取ったことに対してずいぶん自責の念にかられてしまったんです。夫に対して大げさに反応し過ぎたし、そのために夫を傷つけてしまったと思うんです。これで、夫は口をきかなくなるに決まってるってね。それからしばらく、まるで気が狂ったみたいになっちゃったんです」「どういうふうに?」
「何も手につかなくて、家中をあっちへ行ったり、来たりして。坐ったと思ったら、赤ん坊みたいに泣き叫びました。”どうなるか分かんない、どうしていいか分かんない、自分だけではもうどうすることもできない!”って。そして、泣き止んで、・・・また、しばらくして、泣き叫んだりして」「そんな時に、アンディはどうしてたんですか?」
「居間に行ってテレビのフットボールのゲームを見てました」信じがたいことだと思いながら、私は言いました。
「まったく馬鹿げてるということはご存知なんでしょうね」「どういう意味ですか?」と、少々、驚いた顔付きをして尋ね返してきました。
「あなたがやっていらっしゃることが何のよい結果も生み出していないということは明白でしょう。
そこで、別のやり方を試してみる気があるかどうかということですよ」「たとえば他にどんなやり方が考えられるんですか。私はもっと正常な状態にもどしたいんです。
教えてください」
夫婦間の仲を改善するにはまず自分から変わらなければならない。人と人が出会えば、ケンカをすることがあるでしょう。その時の解決方法を身につけ、新しい出会いを探してみましょう。

出典:安心 出会系

気難しいパートナーはお互い付かれる

日曜日の朝、気持ちを奮い立たせて、スタートしたんです。楽しい一日にしようと思って。
家の片付けもきちんとやろうって。朝の10時頃だったかしら、私がキッチンにいたら、夫がやってきて、ベッドルームに来ないかっていうの。
私を抱きたいって。ここんところ、そっちの方はあったり、なかったりだったのね。彼を性的に満足させてあげれば、
私たちの関係も少しはよくなるかなと思ったものだから、用意したわ」
「ここで、私たちの性生活のことをちょっと話しておきたいんですが・・・。
結婚した当時は、とってもよかったんです。でも、ここ2,3年は、すっかりマンネリ化しちゃったのね。ベッド以外では私にキスすることもなくなったし。
私を非難する代わりに、もう少しロマンチックな話し方をして欲しいって言ったのね。そう言う時に、彼の心を傷つけないように注意したんですけど。
こんなことも彼に言いました。”前に、裸でお互いの体を見つめ合ったりしたわね。エロチックなことを話し合ったりしたでしよ”って。そんな時に、悪く解釈するのね。
だから、私もずいぶん気をつかうようになったんです。そこで、私が気をつけている間はよかったのね。
・・・というわけで、この前の日曜日の話なんですけど、夫に誘われベッドルームに行ったとき、いっしょにシャワーを浴びないかって誘ったんですが、、彼はいやだって言ったわ。事の結果を申しますと、うまくいかなかったんです」
「つまり勃起しなかったという意味ですか?」
「そうなんです」
なかなか気難しい2人の関係はお互いに疲れてしまいます。そうならない為にも、相性ピッタリの相手を見つけましょう。

参考:

子供とは話すが妻とは話さない夫

彼女の眼には涙があふれてくるのが見えました。そこで、ランプの光を落とすと、そのことに礼を述べ、すすり泣きの声で話をつづけました。
「私って、正しいことはなんにもできない女なんですね。家の片付けもきちんとできないし、仕事もそうだし、子供のことだって・・・。
私って、自分の気持ちをコントロールできないんです。・・・アンディとの関係もだんだんおかしくなっていくし。
なんとかしようと思っていろいろやってみるんですけど、やればやるほど状態は悪くなっていくんです」
「分かりました。それで、この前の日曜日に何があったんですか」
「キッチンの壁にどんなウォール・ペーパーがいいか話し合っていたんです。
古くなったウォール・ペーパーはもう六カ月前にはがしてしまったので、早くなんとかしたいと思っていたわけ。
どんなウォール・ペーパーがいいか調べておくって、アンディはかなり前から言ってたんですけど、それからもう六カ月も経っているので、夫に言ったんです。
”ねえ、調べておくって言ってから、もう六ヵ月も過ぎてるんですけど。もう、そろそろ決めていいんじゃない”って。
そしたら、夫はなんにも答えないばかりか、それからずっと黙りこくってしまったんです。彼の機嫌を損ねてしまったことは確かでした。
子供たちとは話をするけど、私には口をきかないのね。そうやって私をいやがらせてたんですよ。でも、私はできるだけ明るく振る舞ってたんですけど。
人との出会いはその先の人生を変えることがありますが、素敵なパートナーを探せられれば幸せな人生になるでしょう。

出典:出会い系 サクラいない

夫婦間の問題

彼女のこのような過大な自責感は、アンディを「変えることができる」といった彼女の錯覚に基づくものなのです。
閉ざされた夫の心を開ける鍵さえ見つければ、私への愛の心を引き出せるに違いないといった思いの結果でもあるのです。
というのは、そんなことはおよそ不可能なことだからです。徒労に終わり、失望し、憂うつ感にとらわれるのが関の山です。
私のところに助けを求めに来た時の彼女は、なすべきことはすべて試し、まるでロープの端にぶらさがっているような状態でした。
かといってまったく諦めてしまったというわけでもありませんでした。
そこで、私は、年齢よりずっとふけて見えるジュリーに言いました。
「まず、どうしてこんな状態になってしまったのか話してみてください」
目にこみ上げてくる涙を抑えながら、ジュリーは語り始めました。
「この前の日曜日に、もう二度とやらないと決めたことをやってしまったのです。
土曜日にアンディといっしょに、いろんな片付けを家でしていたんですが、なにかにつけて私のやり方に文句を言うんです。
かと思ったら、私を無視したような態度をとるんです。そんなことが一日中続きましたわ。
彼の機嫌が悪いのはもちろん分かってたわよ。何が原因なのかは、さっぱり分かりませんでしたの。
そういう時は、私はいつも、彼を刺激するようなことを言ったり、したりしないようにするんですけど・・・」
夫婦でこんな関係は嫌ですよね。

参考:結婚相談所 選び方